MENU
Instagram 毎日更新

ミニマリスト夫婦が手放してよかったものを解説 家具・家電編

家具や家電を減らしたいけど、どうすればいいの?
断捨離したいけど、大きなものって手放しにくい。

そんな方に向けて。

なこのる

こんにちは。なこのるです。夫婦+猫で1LDK(30平米)に住んでいる30歳ミニマリストです。

夫婦でものを捨て始めて3年が経ちました。

大きな家具や家電を手放す決意をした時は思い入れもあるので抵抗がありました。
今ではものが無いことの快適さの方が優っていると感じています。

思い切って手放してみようと決意を固めた方の背中を後押しできれば嬉しいです。

目次

手放して良かった家具・家電一覧

リビング編

  • ソファー
  • ベッド
  • テレビ
  • テレビボード
  • カーペット
  • カラーボックス
  • インテリア(小物)

キッチン編

  • 大きい冷蔵庫
  • 炊飯器
  • 電気ケトル
  • 卵焼き器
  • オーブントースター

手放したものを一覧にしてみました。

一覧の中には家にあって当たり前と感じてるものもあるのではないでしょうか。

しかしこれらは実際手放してみて問題なかったものばかりです。

ここからは一つ一つ詳しく解説していきます。

リビング編

ソファー

カリモクのソファーを置いてました。オシャレで気に入っていたので、なかなか手放せませんでした。

1LDKに住むためにはソファーがあると手狭です。
夫に言われて思い切って手放してみました。

座りたい時は、夫も私も一つずつ作業机と椅子があるのでそこに座ります。
またある時は床に座ってくつろぎます。夫も猫と一緒に床にゴロゴロ。

そもそもテレビがないので、ソファーでくつろぐ必要がないことに気づきました。
結局無くても問題ありませんでした。

妊娠してから斜めに座りたいと思うようになったので、一人用のヨギボーを置いてます。

ヨギボーは移動も楽々、座る形も自由自在。
場所も取らないので妊娠期間の一時的な家具として重宝しています。

ベッド

ベッドも1LDKに住むには場所を圧迫してしまう家具です。

寝心地抜群のベッドを使っていたので手放すのは躊躇しましたが、狭くなるのは嫌なので手放すことにしました。

今は3つ折りのマットレスを敷いて寝いています。
夜だけ敷いて、朝は片付ける。
これにより場所圧迫することがなくなりました。

そもそも寝る時しか使わないのだから、ベッドのように日中も出しっぱなしにしておく必要はなかったことに気づきました。

自立する三つ折りマットレスなら立てかけれるので、押し入れが無くても問題なしです。

カーペット

これは一番に手放しました。

インテリアとしてあるとオシャレに感じますが、ゴミやダニの溜まり場に。
そして猫の毛ホイホイに。

掃除のしやすさを考えると無いメリットの方が大きいです。

テレビ

ゲームが好きなのでずっと持っていたのですが、ダラダラと時間だけが取られてしまうことに気づいて手放しました。

時間と命はイコールだと思っています。
時間を無駄にすることは、命を無駄にすること。

テレビを見ないだけでかなりの時間が増えました。

また、最近のテレビは頑張ってる感があったり、ネガティブなニュースが多いので、個人的にしんどいと感じていました。感受性が高いタイプなので、関係ないニュースであっても心がアップダウンしてしまいます。

テレビを手放すだけで、必要ない情報をシャットダウンすることができました。このメリットは大きいです。

ついでに、テレビがないので受信料も節約できます。

テレビボード

テレビがなければ、テレビボードも不要。

これも場所をとる家具の一つなので、一石二鳥です。

カラーボックス

収納用に正方形のカラーボックスを8つくらい持っていました。

本や書類、小物など必要なものが入っているつもりでしたが、
収納ボックスがあるとものが増えるということで思い切って減らしました。

ボックスの中身を整理してみると意外と必要ないものばかり。

中身も捨てれてボックスも減らせて、今後増えることもない。

現在はカラーボックス0個です。

必要書類はクローゼットに。
本は床に置いてます。

結局なくて問題なし。
中身の把握もできるし、昔より本を読む機会が増えました。

減らしてよかったです。

インテリア

昔買ったお土産やプレゼントの品々。ちょっとした置き物など。
これらは思い出の品なので手放すときに躊躇しました。

しかし、見てみると埃がかぶっていて掃除もしてないんですよ。
思い出の品も放置されてたら可哀想です。

なので思い出深いものは写真に撮って、すっきり手放すことにしました。

躊躇したわりには手放し後のスッキリ感の方が優っていました。

今後の思い出は、後で思い返せるような記憶としての思い出だけを作るつもりです。

天井照明

引っ越したときに照明が付いてない家だったので、そのまま買っていません。

夫も私もそれぞれの机にスタンドを置いているので、作業には問題ありません。

後は太陽の光で生活しています。

人間の体は太陽の光と共にあります。
照明の爛々とした光は本来眩しすぎると思っています。

朝は太陽と共に起きて、夜は太陽と共に寝る。
この生活をすることで寝不足と感じることなく健康的なリズムを作れています。

感受性が高い人にとっては照明の光も疲れの原因です。
天井照明を減らすのが難しい人には、照明を白からオレンジに変えるだけでも疲れが違うのでおすすめです。

キッチン編

大きい冷蔵庫

結婚してから600Lの大きい冷蔵庫を使っていました。大は小を兼ねる。

一週間分の食材を買って置いておくには大きい冷蔵庫が必要と思い込んでいましたが、
実際は必要ありませんでした。

そもそも今までは一週間で冷蔵庫の中身をきれいに使い切っていなかったんです。

これもカラーボックスと一緒で、入れるスペースがあると余計なものを買ってしまいます。

夫婦二人が一週間で完全に食べきる量は、小さい冷蔵庫で十分でした。

週末になると綺麗さっぱりになった冷蔵庫を見るのは心地よいです。

炊飯器

炊飯器は鍋で代用可能でした。
鍋の方が早く炊けるような気もしてます。
蓋を開けたときにカニの穴が出来てた時は嬉しい気持ちになります。

ご飯は一週間分炊いて冷凍してます。

炊飯器を置く場所を確保しなくてすむし、炊飯器と鍋で手間も変わらないので炊飯器は必要ないです。

それに電気コードの数を減らすことができます。
電気製品は便利ですが、タコ足配線になっていたり、無駄に長い延長コードがあったり。

これらを取り除くだけで生活の心地よさが段違いです。

信じられませんが、ぜひ一度試してみてください。
次から次へと減らしたくなること間違いなし。

電気ケトル

炊飯器以上に早くできると感じたのが電気ケトルです。

お湯を沸かすときに片手鍋で沸かした方が圧倒的に早く湧きます。

電気ケトルはいつのまにか汚れたりして掃除しなきゃなって気になっていたのですが、
そんなまどろっこしさもなくなりました。

炊飯器を手放すのに抵抗がある方は、まず電気ケトルからがいいかもしれません。

卵焼き器

フライパンで十分でした。

そもそも何で卵焼き器を置いていたのでしょうか。

お店に出すわけでもないので、綺麗に四角い卵焼きを作る必要はありません。

夫の弁当用に毎日卵焼き作ってますが、フライパンで全く問題ないです。

オーブントースター

食パンも食べたいし、餅も食べたいし。

以前はアラジンのトースターを使っていました。
これまたなかなか手放せなくて。夫に言われても最後まで粘っていました。

捨てられなかった私の言い分としては、
魚焼きグリルを使えばいいのではと知っていましたが、掃除するのが大変だし、トースターの方が美味しくできるのではと思っていました。

しかし実際は、魚焼きグリルで十分でした。
パンを焼いても大きく変わりません。

掃除もトースターより掃除しやすい。
むしろ、トースターを使っていた頃より、頻繁に掃除するようになりました。

これもまた思い込みだったと気付かされました。

家具・家電を手放すならメルカリで

メルカリやってますか?

メルカリを始めて3年が経ちました。始めて売ったのはソーダストリーム。
履歴を振り返ると色んなものが家にあったなとしみじみ感じてます。

大きな家具・家電こそ、捨てるときに粗大ゴミのお金がかかってしまいます。
それなら千円でも数百円でもお金になる方がいい気がしませんか。

これまでメルカリで100万近くは売り上げていると思います。馬鹿になりません。

それに再利用してもらえるので環境にも優しい!

梱包は手間ですが、大きくて運べないものは梱包もお任せにすることができます。

同じ商品を調べて、商品の状態を記載して、写真撮って載せるだけ!
そんなに難しくありません。

メルカリの良さについては別の記事にしたいと思っています。

まだメルカリ始めてない方はぜひ。
招待コードを入力すると新規登録で500ポイントもらえるキャンペーンをやってるみたいです。

024年メルカリ招待コード:↓こちらを入力してください
HHZQWK

最後に

大きなものを手放す時は躊躇してしまいます。
買った金額も大きいし、思い入れもあるし。

でも思い切って手放すと、その分すっきりすること間違いなしです。

捨てることをおすすめしている身としては、大きなものほど手放すことによる効果は絶大と保証します。

今回記載した家具家電が家からなくなれば、1LDKに住んでも、広く快適に過ごせます。
自ずと出費が減ってお金の心配もなくなります。

お金の心配がなくなるということは、生きやすくなるということ

ものを手放して生きやすさを手に入れましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次