MENU
Instagram 毎日更新

生活が乱れてきた時にリセットする方法

最近生活が乱れてきた。
1日だらだら過ごしてしまって罪悪感。
ダメだと分かっててもネットサーフィンしちゃった

そんな方に向けて。

なこのる

こんにちは。なこのるです。整った暮らしを実現してきたミニマリスト1児のママです。

日々の生活を良くしてきたけど、最近乱れ気味。
大事な休日ダラダラ過ごしちゃって後悔している。
スマホ見ないようにしていたのに、ついつい誘惑に負けてしまった。

そんな日ってありますよね。

生活を整えてスマホを見ない環境を作ってきた私も、何故か誘惑に負けてダラダラしてしまう期間があります。

最近の夫を見てると隙間時間があるとネットサーフィン。
今まで朝5:30に起きて勉強や仕事をしていたのに、最近どうしたんだろう?

心の弱い自分がダメ。。。なわけじゃないんです。

そんな状態から抜け出すための法則を見つけたので紹介します。

この記事を読んでやる気復活してもらえると嬉しいです。

目次

生活が乱れる理由

そもそも何故生活が乱れてしまうのか。

それはずばり暮らしが整っていないからです。

自分の普段の生活を振り返った時に、生活の乱れはありませんか?

今回の夫の場合は、
・仕事に必要なものを買うという理由もあり買い物が増えた。
・そうすると必然的に家にものが増えた。
・仕事と転職活動でいつもの生活リズムが崩れた。
・ストレスもあり食生活が崩れた。

このように生活が乱れていると
何故かスマホ見たり、だらだらネットサーフィンしたり、
今までやらないという意思が勝っていたのに、弱い自分に負け始めます。

結局は意思が強いか弱いかなのですが、意思を強く持つ決意だけでは解決しません

夫も明日からネットサーフィンしないと決意していましたが、やっぱり無理でした。

ダメだと思っていながらやってしまうと自分はダメなんだと落ち込む原因にもなって、
どんどん負のスパイラルに陥ってしまいます。

じゃあ、どうしたらいいのか?

意思が弱くても大丈夫です。
乱れた生活を元に戻して暮らしを整えるだけで、自然と弱い自分に勝てるようになります

私の考え方のひとつに、
「〜しないようにする」のではなく、「〜する」に変える方が物事うまくいく。
と言うものがあります。

目標を立てる時には「〜しない」ではなく「〜する」というポジティブワードにすることで、
達成する確率があがります。

今回も「スマホを見ないようにする」→「暮らしを整える」に変えました。

暮らしを整える方法

ここからは具体的に暮らしを整える方法をお伝えします。

なんといってもおすすめの方法は、部屋のものを捨てるです。

今回の夫の例で言うと、家の中を見回りして捨てられるものはないか確認しました。

自己紹介で何度もお伝えしているのですが、夫婦二人で1LDK(30平米)に広々と住むほどミニマリストな生活を送ってます。

すでにものを捨ててきたので今更何を捨てるのかと思われそうですが、
中を見てみると意外と必要ないものがありました。

今回の見回りで捨てたもの

・カラーボックス2個
 今まで8個あったカラーボックスを2個まで減らしたのですが、今回最後の2個も捨てました。
同時にカラーボックスの中を整理して1/3は捨てました。
 中に入っていた本は床に直置き。
本当に読みたい本だけを残して後は処分しました。いつも読みたい本は結局数冊だけで、ボックスに入って見えなくなっていると中身の本達の存在を忘れていることに気づきました。
 書類は必要ないものを捨てて残りはクローゼットへ。
いつか使うかもと無駄に溜め込んでた封筒や便箋を必要最低限にしました。

・猫用のトナカイ衣装
 クリスマスになると猫にトナカイの衣装を着せてました。
本人は嫌がっているので完全に自己満です。
今回嫌がってるのをわざわざ着せる必要ないと思い切って捨てました。

・冬用パジャマ
 ユニクロのモフモフ厚手のパジャマを使用していたのですが、機能性を重視してモンベルのインナーに変更しました。真冬から春先まで使えて薄手なので場所を取らないところがメリットです。

・美容アイテム
 自宅でまつ毛カールできるアイテムを持っていたのですが、子育てを気に美の基準を見直し。
思い切って捨てることにしました。

・キッチンの便利グッズ
 ネギカッターを使用してましたが、おしゃれで切りやすい包丁を購入。便利グッズを手放しました。

・薬類とカイロ
 いつか使うだろうと残していた薬類。今年の冬に使わなかったカイロ達。
結局あっても存在を忘れてしまうので処分することにしました。

最終的に捨てたものは45Lの袋いっぱい分でした。
思ったよりたくさんありました。

1ヶ月に1回くらい定期的に家を見回るのがいいと思いますが、意思が弱くなったと感じた時に見回りするのもいいと思います。

強制的に弱い意思に勝つ方法

それでもどうしても意思が弱くなってしまう時、
必要なものだけをカバンに詰めてカフェへ行くのがおすすめです。

もちろんスマホは置いていきます。

完全にスマホが手元にない状態で、必要なものしか持っていないので
やらざるを得ない環境に身を置くことができます。

私はスタバを利用してます。

ちょっと高くつくのですが、数時間の作業が確保できると思えば決して無駄遣いだとは思いません。

家で作業ができる期間とできない期間がある気がします。

家出できない期間の時には素直に心に従って、作業時間の確保としてのカフェ代はケチらないようにしてます。

休日の午前中は夫と一緒にスタバで作業するのが今の私のスタイルです。

最後に

意思の弱さに勝つためには意思で勝とうと思わないこと。

意思が弱いのは誰のせいでもなく、人間皆弱いです。
無理に抗うのではなく、素直に受け止めてあげたらいいのかなと思ってます。

生活を整えたり、強制的に環境を作ったり
工夫することで意思の弱さに勝てる環境作りをしてあげてください。

日々修行ですね。
一緒に心地よい暮らしを目指しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次